2018年02月06日

JISQ9100内部監査員講習会

晴れ
カラー(ロゴのみ).jpg






品質保証部のSですわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

2018/1/20(土)

社外講師を迎えてJISQ9100内部監査員を対象とした

講習会に参加しましたるんるん

講習では、規格が2016年版に改訂されたことに伴い

改訂内容を中心とした規格の解釈と

内部監査のポイントについて学びました本ペン


規格の主な変更点は

@章立ての大幅変更

Aリスクに基づく考え方の導入

B変更管理の重視


などですひらめき


そして講習後に参加者での

グループ討議が行われましたぴかぴか(新しい)

グループ討議では、監査場面の例題を基に

議論しましたexclamation×2

そこで感じたことは、不備が発見された項目が

監査基準のどこに該当するのか

見極めることが非常に難しかったですふらふらあせあせ(飛び散る汗)

見極めをスムーズに行うためには、

監査証拠や指摘事項を監査中に

メモペンすることが重要だと改めて感じました手(グー)


今回の研修を有効なものに出来るよう

今後の内部監査に役立てて行きたいと考えますexclamation×2


※JISQ9100とは、航空宇宙・防衛産業において
製品・サービスの安全性を確保し、信頼性を向上させるための
マネジメントシステム規格です


溶射・表面処理のことなら倉敷ボーリング機工へ





posted by 日記 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182340305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック